つまりの症状から原因特定

トイレのつまりは、症状からもある程度は原因を特定できます。つまりの原因は取り出すか分解しないとはっきりわからないため、あくまでもつまっているものが何かの見当をつける程度だと考えてください。

水が便器に一度たまるが、徐々に引いていく場合は、つまってはいるが、すき間があるためにゆっくりと水が流れる状態。大量のトイレットペーパーや紙類、便や尿石などがつまりの原因と考えられます。お湯や重曹を使うとつまりを溶かすことができます。

水が逆流する、ゴボッという音がするときは、トイレットペーパー以外の、トイレに流せる商品類が詰まっている可能性があります。水が流れるようになったら、ラバーカップでつまりを取り除いてみましょう。

水が上がって、すぐに引く場合、携帯電話など、異物を流してつまっている状態だと考えられます。たとえば、固形物が排水溝を半分ふさぐことで、水を処理できる能力も半分に減った状態です。異物を取るために、業者に頼んで便器を取り外すことになります。

水が流れない、あふれるときは重度の症状で、何を流したかで対処法が変わります。大量の紙類を流した場合であれば、ラバーカップで押し流せば対処できるかもしれません。しかし、タオルやオムツなど、水に溶けないものを流してしまった場合は、押し流すとさらに悪化します。また、ボトルのキャップなどの小さい固形物でも、排水溝にピッタリはまってしまえば水は流れません。ラバーカップを2~3回試して変化がないようであれば、自分で修理することは難しい状況ですので、こうしたトイレのつまりトラブルは専門の修理業者に依頼するようにしましょう。