トイレのつまりの主な原因

トイレのつまりが発生したときに、何を流したのかをはっきりさせることが重要となります。トイレがつまる主な原因になるものをご紹介します。

まず挙げられる原因は、トイレットペーパーの流しすぎがあります。水に溶けるトイレットペーパーも、丸めたりたくさん流したりすると、つまりやすいです。

また、ティッシュペーパーはトイレットペーパーと見た目は似ていても、水に溶けにくいため、間違えて流すとつまりの原因となります。このほか、基本的にトイレットペーパー以外の紙類は水に溶けず、トイレをつまらせてしまうため、絶対に流さないようにしましょう。

掃除をした後にそのままトイレで流せる掃除用品などがつまってしまうことも原因となります。流せるといっても、トイレットペーパーほど溶けやすいものはないため、一度にたくさん流したり、何度も頻繁に流したりするとつまります。また、猫砂は水分を吸収するタイプがあり、そのまま流すと水分を吸って膨らみ、トイレをつまらせる原因に。携帯電話、ボールペンなどの固形物は、当然流れにくいです。もし奥まで流れてしまうと、便器を取り外す必要が出てきます。

吐しゃ物や食品関連も量が多いとつまる原因になるほか、カップ麺の残り汁などの脂分が多いものを流すと、排水管にへばりついてトイレをつまりやすくします。

流した記憶がないときは、普段の行動に原因があるかもしれません。節水のために大を小で流す、タンクにポットボトルを入れるなどをしていると、流しきれなくなった残留物がトイレにたまってつまりが発生します。また、排水管に異常が発生している可能性も考えられるでしょう。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加